ビデオシリーズ 今の世に平和を語り継ぐ「土屋公献 平和と人権を守る弁護士」

映像のキャプチャー画像

弁護士法第1章1条には、弁護士は人権と社会正義を守ると記されている。
日弁連の会長も務めたことのあるベテランの土屋公献にとっては、人権と平和を守るということになる。

「過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる」と言ったのはかつての西ドイツのワイゼッカー大統領であった。
731部隊、重慶爆撃の弁護団長を率いるなど、土屋弁護士は、まさに自ら戦争の過去に正面から向かい合い、社会に問いかけていく。

自身の死を見据えながらも、人権と平和を守るという生き方を決して変えない。

人権と平和を守るとはどのようなことを言うのか、それはなぜなのか。

平和に固執せざるを得ない土屋弁護士の生き様に迫る。

土屋公献 平和と人権を守る弁護士(2008年/日本/41分)DVD
定価 36,000円(税別)
監督:石本恵美 プロデューサー:朝倉景樹
構成:長井岳 山本菜々子 装丁:信田風馬
音楽:YHA Production ピアノ演奏:上田敏
複製不可 ※不良品はお取り替えいたします。下記まで郵送ください。
制作・著作:NPO法人東京シューレ シューレ大学映像プロジェクト
販売:株式会社 創造集団440Hz

ご注文、お問い合わせは創造集団440Hzまで Tel:03-6233-9642
Fax:03-6233-9643
URL:http://creators440.org
E-mail:info@creators440.org
v
前のページに戻る